ハイパーサーミア学会

日本ハイパーサーミア学会
38回大会
Online2021 これからのハイパーサーミアに期待されるもの


大会長挨拶

 

日本ハイパーサーミア学会第38回大会の開催にあたり

.

このたび日本ハイパーサーミア学会第38回大会(令和3年9月3日~10月3日)をリモート形式で開催させて頂くこととなりました。伝統ある本学会を主催させて頂きますことを大変光栄に存じます。

 昨年来の新型コロナウイルス感染拡大が未だ終息せず、現在においても不自由な生活を強いられる状況にあります。学会会員各位におかれても、医療や研究の現場で大変ご苦労されていることと存じます。ハイパーサーミアも例外ではなく、いろいろな局面でコロナ感染拡大の影響を受け、様々な問題が生じているかと思われます。しかしながら、近い将来必ずや正常な医療体制に戻ることを信じ、今は一致団結してコロナに立ち向かうしかありません。このような状況から、今大会においては、新型コロナウイルスに関する企画も可能な限り提供できればと考えております。

 本学会のテーマは「これからのハイパーサーミアに期待されるもの」とさせて頂きました。これまでのハイパーサーミアの実績を踏まえ、これからのハイパーサーミアに学会員は“何を期待するのか”、一方で非学会員からは“何を期待されているのか”を考える機会となれば幸いです。これからのハイパーサーミアのために、学会では診療ガイドラインを作成し、さらに全国的な症例登録データベースの作成に向けて動き出そうとしております。他方、市民ベースの活動が後押しとなり、千葉県がんセンターにハイパーサーミアが新たに導入されました。非学会員のハイパーサーミアへの期待が強いことが伺える事例だと思います。この件については、シンポジウム企画として取り扱うこととしました。

 従来の対面式の大会であれば、年に一度の集まりを楽しみとし、お互い談笑することで近況を確認したり、新しい人とのつながりを作ることができました。本学会でもこのようなことが少しでもできないかと思い、リモート形式の情報交換会を今回初めて開催することとしました。皆様の期待にそえるものになるか分かりませんが、有意義なものにしたいと思っています。

今回の大会が、より進歩したハイパーサーミアのための活発な議論の場となるよう、ぜひ多数の方々が参加して頂ければ幸いです。最後になりましたが、今回のリモート形式の大会を開催するにあたり、群馬大学の浅尾高行教授及び関係スタッフの皆様の多大なご助言、ご協力を賜りました。この場を借りて心より感謝申し上げます。

日本ハイパーサーミア学会第38回大会大会長 
大西健(茨城県立医療大学人間科学センター教授)

               

お知らせ

日本ハイパーサーミア学会第38

回大会の演題募集の締め切り延長のお知らせ

演題登録締め切りを下記の通り延長します。

まだ未登録の方は奮ってご登録お願いします。

演題登録締切(企画演題も含む) 6月22日 (火)

1:登録方法

「一般演題」について公募いたします。

演題募集はインターネットを利用したオンライン登録のみの募集となります。

画面下部の登録ボタンより登録をお願いいたします。

企画演題の演者(指定演者)の方については、別途抄録依頼をいたします。

2:演題受付期間

2021年5月15日(土)~2021年6月15日(火)

2021年5月15日(土)~2021年6月22日(火)

7月上旬 採択通知、発表データ登録の案内予定

8月上旬 発表データ(MP4形式)登録締め切り予定

【2021/6/11 訂正】

締切日までは、オンライン上で登録した抄録内容の修正も可能ですが、締切日の正午を過ぎますとシステムが自動的に終了いたしますので、以降の訂正・登録削除はできません。

登録完了後に修正・確認をご希望の場合は、下記おといあわせフォームへご連絡ください。

3:一般演題発表形式

口演発表

発表言語 日本語または英語

4:登録時の諸注意

(1) 演題募集締切後は、演題の新規登録・修正・削除の操作は一切できません。
締切直前は演題登録ページへのアクセスが困難になることが予想されますので、十分に余裕をもってご応募ください。
(2) 利益相反の有無を演題登録時に必ず回答してください。本人及びそれぞれの配偶者、一親等親族、または収入・財産を共有するものについて、演題登録時に、登録前の過去3年間における発表演題に関連する企業・団体等との利益相反状態の有無を申告する必要があります。利益相反状態が有る場合には、その企業・団体名等を記入してください。回答のない演題は不採用となります。
(3) ネットワーク環境によっては、セキュリティの影響でホームページから演題を登録できない場合があります。ご勤務先などのPCで登録できない場合は、ご自宅のネットワーク環境から再度アクセスしてください。

【2021/6/11 訂正】

(4) 演題登録が完了しましたら完了通知(メール)が自動配信されます。メールが届かない場合は登録されたメールアドレスに誤りがある可能性がございます。修正画面からご確認のうえ、修正をお願いいたします。登録されたメールアドレスに誤りがなく、メールが届かない場合、下記運営事務局までメールでお知らせください。

(4) 「演題登録完了です。」という確認メッセージが表示され、登録完了となります。


5:演題の採否

演題の採否は、プログラム委員会による査読により決定いたします。

6月末から7月上旬頃を目途に、運営事務局よりご連絡をいたします。

6:一般演題カテゴリー

基礎 分類
分子生物学、温熱耐性・温熱感受性、温熱生理、薬剤併用、マイルドハイパーサーミア、温熱免疫、その他

医用物理工学 分類
加温装置・加温方法、温度測定、治療システム、QA(品質保証)、その他

臨床 分類 
加温法局所加温、全身加温、HIPEC、体腔内ハイパーサーミア、組織内加温、Tumor Ablation、マイルドハイパーサーミア、その他

臨床 分類 部位
頭頸部、胸部、腹部、軟部組織、その他

臨床 分類 その他
症例報告、温熱免疫療法、加温評価、チーム医療、施設紹介、社会問題・医療保険、その他

7:個人情報保護について

本学術大会の演題登録の際にお預かりいたしました「氏名」、「連絡先」等の個人情報は、事務局よりお問合わせや採択・発表通知に使用いたします。また「演者名」、「所属」、「演題名」、「抄録本文」「共同演者情報」は、プログラム・抄録集及びホームページに掲載することを目的として利用いたします。他の目的には使用いたしません。

8:演題登録についてのお問い合わせ先

大会事務局
日本ハイパーサーミア学会第38回大会事務局

茨城県立医療大学人間科学センター生物学教室
〒300-0394 稲敷郡阿見町阿見4669-2
Tel, 029-888-4000 (内線6462);Fax, 029-840-2316
e-mail: jstm2021(アットマーク)ipu.ac.jp 

               

リモート情報交換会のお知らせ

リモート情報交換会について
従来の対面式の大会であれば、年に一度の集まりを楽しみとし、お互い談笑することで近況を確認したり、新しい人とのつながりを作ることができました。今回のリモート大会でもこのようなことが少しでもできないかと思い、リモート形式の情報交換会を企画しました。少人数で参加できる部屋をいくつか準備しますので、代表者がその部屋の進行を行ってもらいます。まず代表者に〇〇部屋(例えば筑波大〇〇部屋、〇〇について語る部屋、〇〇共同研究者部屋)を大会HPから登録してもらいます。その後で登録された代表者名/部屋名を見てその部
屋に参加したい人はHPから参加登録してもらいます。リモート情報交換会用の料理を参加登録時に注文して頂くと料理が宅配で届くシステムです。アルコール類は各自準備してもらいます。皆様の参加をお待ちしております。

日本ハイパーサーミア学会第38回大会 大会長
大西 健