G-Learning System

  • G-Learning System の概要

    • G-Learning Systemとは?

      「G-Learning Systemとは?」
      コンソーシアムが提供する、自己学習に重点を置いた新しいオンラインラーニングシステムです。 KeynoteやPowerPointからインタラクティブな教材を作ることが可能です。 システムの概要のリンクから 誰でも内容確認することができます。 詳細は本 コンソーシアムまでまでお問い合わせ下さい。ここにある公開プログラムは、G-Learning Systemを用いて提供しています。
      https://idsc-gunma.jp/g-learning/DEMO


  • 公開データサイエンス講座

    • 第0章 便利なToolを業務で使ってみよう(概要)

      浅尾 高行

      数理データ科学教育研究センター センター長

      第0章 便利なToolを業務で使ってみよう(概要) ICTを活用することで日常の業務を効率化したいと考えている人向けに、Pyton のプログラムを作ることで、どのように業務が効率化するかを理解してもらうのが第一章の目的です。 これを見てとりあえず自分でもカスタマイズしてみたくなったら、 第二章で基本的なプログラムの実行環境 の構築をしてみてください。 コンソーシアムが提供するPythonの便利ツールは、 1. G-copy 異なる場所にバラバラに散らばったテキストをデーターを連続的にコピーしたあと一つにまとめてペーストするToolです。実行環境のトレーニングを兼ねています。 2.G-Calc 合計欄のある表をクリップボードにコピーすると、自動的に集計計算しその結果ペーストします。エクセスだけでなく、ワード文章内の表にも対応しています。3桁ごとにカンマで区切られた数字で入出力します。「Python基礎セミナー」では計算の部分を自分でカスタマイズできるように指導します。 3. G-Sim 項目別の合計金額の概算配分から年度ごとの概算を シミュレーションします。 4. G-List ワード文章で表形式の同一フォーマットでに入力された多数のfileから、必要な項目だけを抽出してExcelのリストに出力するプログラムです。 応募された申請書や履歴書からリストを作成する場合に便利です。 5. G-PDF 複数のWord、PDFをまとめて順番を指定して一つのPDFにまとめます。会議資料の作成を省力化します。 6. G-RPA PCのマウスとKeyboard操作を自動化するプログラムです。業務に合わせてカスタマイズが必須ですので、2章以降である程度Pythonのコードが理解できるようになったら使ってみてください。


    • 第1章 便利なToolを業務で使ってみよう(実践)

      第1章 便利なToolを業務で使ってみよう(実践) ご自身のPCにPythonのプログラムを実行する環境構築し、実際にサンプルプログラムを動かして 業務を効率化する体験するためのChapterです。


    • 第2章 便利なToolをカスタマイズしてみよう1

      G-copyで複数の数字をコピーしたあとその合計をペーストするプログラムにG-Sumにカスタマイズします。カスタマイズに必要な最小限のPython codeを学んだあと、Debag(エラーの修正)方法を学んでからトレーニングします。


    • 第2章 便利なToolをカスタマイズしてみよう2

      G-Calcを変更して合計欄の下に消費税や間接経費を計算した結果をペーストするG-Consにカスタマイズします。このカスタマイズに必要な最小限のPython codeを学びます。


  • 医療技術トレーニング

    • CVC基礎コース「超音波ガイド下血管穿刺トレーニング」

      浅尾 高行

      群馬大学先端医療開発センター

      CVC 「超音波ガイド下血管穿刺トレーニング」 CVC基礎コース 超音波ガイド下 穿刺は、 目に見えない深い位置にある血管にカテーテルを 安全に挿入するために用いられる医療技術です。 人の血管を再現した穿刺モデルを用いて、自己トレーニングするための教材を提供します。 群馬大学附属病院では、この教材を使って自己学習の後、高精度穿刺技術がないと成功しない 「高難度症例再現モデル」を用いて学内技術認定を行っています。G-conference システムを用いた公開セミナーを適宜開催しています。詳しくは、こちら(申し込みフォーム)まで。 <準公開モード> このコンテンツは、準公開モードで提供しています。メール アドレスを入力し、そのアドレスに届いたURLをクリックすることで 視聴することが可能となります。 途中で終了しても、次回は終了した場所から再開することができます。 https://idsc-gunma.jp/g-learning/GUC